賀茂金秀(日本酒)

うちの義母が広島へ行ってきて、お土産を買ってきてくれた。日本酒2本w ありがたや〜。

 広島のお酒というと、ボクは真っ先に思い浮かぶのが電光石火。2度ほど飲んだことがありますが、僕の日本酒の概念を覆したお酒。もう蔵元は廃業して幻のお酒となってしまいましたが、どうやらその蔵元の杜氏さんが、別の蔵元(相原酒造)で醸しているらしいです。
 この杜氏さん、金泉というお酒を自分の蔵元で出していたみたいなのですが自身の蔵元も消滅、でも、この金泉というお酒、相原酒造で蘇ったそうです。その金泉の別ブランド「雨後の月」は、比較的良心的な価格で売っているので、今度飲んでみたいと思います。
今回頂いたお酒の1本めは、賀茂金秀(かもきんしゅう)という純米大吟醸。
とにかく、蓋を空けたとたんに、吟醸香が香ります。
僕の大好きな、芳香型のお酒。
フルーティーという言葉だけでは伝えられないですね。
凄く繊細な感じで、飲みくちのバランスがいいので、
あっという間に、4合開けちゃいました💦
これは美味い!
久しぶりに、良い酒に出会いました。
次の日も、すっきりと目覚め。良い酒の証拠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です