iPhoneのSmart Battery Caseを一年以上使った結果。。(レビュー)

Apple純正のiPhone Smart Battery Caseを、某レビュー記事がべた褒めしていたのでiPhone11Proと同時購入したのですが、1年以上使った結果がこれです。

結構見るも無残
寄ってみるとこんな感じです。欠けてボロっと落ちました。
これもぶつけたわけではなく、勝手に剥げ落ちました
元は白。色んな色が染み込んでます

ただ、プロテクト性能は高くて、最初の頃は不意に落としたりしたんですが、画面も傷つかず。その点は良い感じです。

付け外しが、ケース本体を多少折って引き出したり入れたりするので、その折れる部分が伸びてきて少し浮く感じになってきます。そこから細かいホコリ等入ります。

僕の環境だけかもしれませんが、ケースのライトニングケーブルから、5割くらいの確率で音が取り出せません。ここからミキサーに繋いだりするんですが、全く音がでないときがあります。そんなときはケースから本体を取り出して直差しすると直ります。変です。

シャッターボタンも、3割くらいの確率でカメラが起動しないときがあります。すぐ撮りたいときに限ってこの症状が出るので嫌になります💦 起動しても、なかなかシャッターが下りず、勝手に動画になったりもします。確実性はありません。今は完全に信用してないので、確実にすぐ撮影したいときは素直にカメラアプリを起動して、通常の画面上のシャッターボタンをタッチします。

良い点は、やはりバッテリー容量を気にせず使えるところですね。但し厚いし重い。iPhoneの折角のスマートさを失います。

以上、かなり一長一短あるガジェットですが、iPhoneの保護&バッテリー長時間化だけが目的の方はピッタリだと思います。が、値段に見合うかどうかは別です。僕はもうたぶん同じような製品は今後買わないと思います。今は普段はiPhoneは裸で使って、野外などで使う時やバッテリーが不安なときに使うようにしてます。かばんに入れておく分には、薄いのでさほどがさばりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

皆既月食